治療期間が一番長い性病は?

クラミジアは菌の感染によって起こるものです。
この菌はクラミジアトラコマチスです。
クラミジアは性病の中でも最も感染率の高いものなのです。
この菌は、膣や子宮に感染をして住み着きまる。
男性の場合は尿道です。
それから、喉にも住み着きます。
性行為で感染をするものです。
喉にはオーラルセックスを行うことによって感染をする場合があります。
避妊具を使用しない性行為によって感染を起こします。
性行為以外で、感染をすることは基本的にはありません。
女性は菌が膣の奥に入って感染します。
女性の場合は、感染の症状が出ないことがあるために気づきにくいことがあります。
検査をしなければ気がつかないことも多くあります。
おりものが増えるなどの症状があります。
そして、性行為後に少量の出血が起こることもあります。
感染が広がると痛みがでる場合があります。
ひどくなると、子宮外妊娠をすることもあります。
また、不妊症の原因にもなります。
男性の場合は、尿道に痒みを感じる場合があります。
治療には抗生物質を使用します。
若い世代の感染が増加傾向にあります。
治療は薬の服用期間が二週間程度です。
しかし、治療後に再発の恐れがあります。
治療後には、二週間から三週間おいて、再び病院で検査を受ける必要があります。
この段階で陰性であれば治療は終了します。
陽性であれば、治療は継続されます。
そのために、この期間を含めると一ヶ月以上の治療期間です。
また、喉のクラミジアは比較的治療に時間がかかることがあります。
治療法は薬の服用だけなのでとても簡単です。
治療の際には、抗生物質を飲み忘れないようにして、必ず全て服用することです。
そして、再検査を必ず行うことは重要です。